最古のべっ甲

日本において最古のべっ甲細工(本来は、玳瑁細工)は、正倉院御物の中に、玳瑁細工をほぼ完全に近い形で見ることが出来る。
奈良時代(745~84)の玳瑁細工である。

螺鈿紫檀五弦琵琶(らでんしたんごげんびわ)

螺鈿紫檀五弦琵琶(らでんしたんごげんびわ)

螺鈿紫檀五弦琵琶 


「正倉院珍宝帳」より以下

亀甲鈿(きっこうでん)捍撥(かんぱち)。 納紫綾袋 浅緑﨟纈裏
琵琶には亀甲細工と螺細細工がついた捍撥があり、その琵琶を納めてある袋の表ぎれは紫色の綾絹で、その袋の裏には浅緑色の「ろうけつ染」がつけてある。

捍撥というのは琵琶を演奏するときに撥があたる部分をいい、通常の琵琶ではここに革がはってある。
また琵琶の中で、四弦のものは他にも残っているが、弦が五つある「五弦の琵琶」で実物が現存 しているものは、世界で正倉院のものただ一点だけであるといわれている。

その「亀甲鈿」とする「鈿」というのは青貝細工、または貝かざりの意味であるから、玳瑁細工と青貝細工とを組みあわせてつくられている装飾品のことである。実物をみてみると琥拍を花の心とし、そのまわりを貝細工(青貝螺鈿組工)と玳瑁細工で二重の花弁をつくった小花が十三個つくられ、その小花十三枚が琵琶の面に規則的に並べられている。

そして捍撥の部分には玳瑁が下地にはられその上に青貝細工でサザン朝ペルシア様式の模様で、上段には熱帯樹とその周囲に飛びかう五羽の鳥が描かれ、下段にはラクダに乗った四弦の琵琶をひく西域の異国人物を中において、その四囲には青貝細工の岩石と草花が巧みに配してある。

そしてこのような図案が五弦琵琶に描かれていると いうことは、琵琶が我が国に伝えられた経路を示しているようであると説明されている。



金銀亀甲盒

金銀亀甲盒

長方形の箱に玳瑁を貼った工芸品。箱の周囲に鹿の角をはめこんで亀甲型の区画をつくり、その中に金箔と銀箔を交互にはりつけ、その金銀箔には墨で花の模様を描き、その上に玳瑁のうすい板を亀甲型に切ってはりつけてある。そのために金銀墨画の文様をうきたたせ、工芸品としての効果を一段とたかめているといわれている。

金銀亀甲盒

この金銀亀甲盒に収められていたのは、百済の義慈王から藤原鎌足に贈られた碁盤・碁石・碁石入れ。


金銀亀甲盒

金銀亀甲盒

碁盤は木画紫壇棊局、碁石は紅牙撥鏤棊子・紺牙撥鏤棊子、碁石入れは銀平脱合子と呼称され、専用の碁盤入れの金銀亀甲龕に納められていました。 棊子の大きさは径1.5-1.7cm x 厚さ0.6-0.8cmで、象牙の表面を紅色や紺色に染めた後、花喰い鳥の紋様を両面にはね彫りし象牙の地色で表しています。